« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月30日 (月)

眩しい~、けど楽しい。

Dsc03224

この冬の猛威は留まるところを知らない。

もう毎日積雪が続くのでまいってしまう。

でも今日は昼間お日様が顔を出しているので眩しくて暖かい。

日当たりの良い場所にはつららが出来ていますワン。

 

Dsc032331


庭の上からぽちがボールを投げろと私の目の前にもって来ました。

庭の積雪も凄くて私の目線程に積もっていまする(~_~;)

毎度ワンパターンだけど雪かきの後にこうしてぽちと遊ぶと何だかほっとするね。

 

Dsc03237


「早く投げてください」のぽち。

2012年1月25日 (水)

樹海道を歩く?

Dsc03215


いやいやこんなけ積雪あればこちらも覚悟が出来ますワン。

散歩コースの歩道に除雪が入り行ってみたら両サイドにはこんなに!

右サイドは一度排雪してあるので左から比べると雪山は低いけどね。

短足のぽちから見れば圧迫感が凄いだろうなぁ。

 

Dsc03218

よく見るとぽちの右前足は少し上がっています、冷たいんだね。

「お父さん早く帰りましょう」のぽち。 

Dsc03203


反対方向からの画像です。

誰もこないのでノーリードで散歩は気持ちいいですね。

今週はまた寒い日々が続く天気予報。

まぁそれもあと一月もすればぐっと春の気配が強くなるから今を楽しみましょう♪

 

突然ですがここから話題がガラッと変わります。

ワンには関係ないけどまるちゃんの「焼きそば弁当・ナポリタン味」を食べてみた。

新商品が出るとひとまず試したくなる私。

で、そのお味は・・・・・・・・・、今一でしたね。

まずお湯を切っていると具材が小さいので穴から出て流れてしまう(~_~;)

もっと大きなサイズにすれば良かったのにね。

いや~やっぱりいつもの焼きそば弁当が美味い・・・・・と私は思った。

 

ワン用のインスタントカップのおやつがあっても面白いかもですね。

2012年1月24日 (火)

新聞が来たよ。

Dsc03177


いやいや一体いつになったら雪かきが終わるのだろう。

積雪が多過ぎて全然はかどらないワン。

そうこうしていると夕刊が配達されて来た。

新聞は何故か自分が運ぶものと思っているぽちは配達員が来るとソワソワ。

早速新聞を貰い得意気なポーズ。

 

Dsc03188


「お父さん新聞が来ましたよん」のぽち。

カーテンを開けると・・・・・、

Dsc03164


そこは雪国だった。

我が地方昨夜から今朝まで40cmの積雪とな。

道路は大渋滞、裏道は車一台通るのがやっと。

あまりに雪が多いので夕方になったらのんびり雪かきしますわ(~_~;)

 

Dsc03170


これじゃ散歩も近場で済ますしかないよ、ぽち。

というよりもぽちの足の長さじゃ埋まって歩けないワン。

2012年1月23日 (月)

頭隠して尻隠さず

Dsc03162


昨夜から湿った重い雪が降っています。

こんな時の雪かきはダメージが腰にくる。

外気温は0℃だものね、これなら寒い日がいいなぁ。

とは言え少しずつ陽気が春めいた日がくると何だか嬉しい。

コタツでパソコンをいじっているとぽちは猫みたいに頭隠して尻隠さずですわ。

全く、熱くないのかねぇ~、鼻乾くよん。

ペコは頭を出してコタツに入っていたけど、アニーは全身をコタツの中に入れていたなぁ。

エルはコタツには入らなかったけどね。

皆んなそれぞれ個性があって面白いものです。

2012年1月20日 (金)

何でもない

覚え書き

さっき昼寝していたら久々にエルの夢を見た。

 

エルを真ん中にしてかみさんと川の字になって寝ていた。

エルが動いたので私が「何かしたか?」とエルに聞いたら

「何でもない」と返答した!

えっ?!とビックリしている私にかみさんが

「この子は喋るのよ」と言うではないの!

 

超短編の夢だけどあーっ、びっくりしたー、でも可笑しい。

いやーそっかー、喋れない振りしていただけなんだぁー(^_^.)

という事はぽちも本当は喋れる・・・・・・・かもね(笑)

Dvc00069_12

ブルブル

Dsc03146


今朝は冷え込みました。

カーテンを開けると綺麗な三日月が東の空にみえましたよん。

ただカメラは今二ですのでぼけてますけど(^^ゞ

 

Dsc03147
外に出てみたら温度計はマイナス12℃でした。

まぁ北海道ならこれ位は当たり前ですけど寒いわ。

ぽちと散歩に行っても5分程で足を引きづりだした、それだけ寒かったんだね。

うんちもせず帰ってきましたとさ。

 

Dsc03157

車のドアには雪が作り出した幾何学模様がありました。

 

Dsc03113

やっぱりお昼時のボール遊びと散歩が暖かくていいよね、ぽち。

2012年1月18日 (水)

おかしな顔

Dsc03082

先日の雪かきの後に何気にぽちの顔を見たら鼻の上に雪が乗っていた。

雪の中に鼻を突っ込んでクンクンしていたからだわ。

ここ掘れワンワンでお宝でも発見してくれたらいいのだけれどね。

現実はただ他のワンのおしっこの臭いを嗅いでいるだけだものなぁ。

 

Dsc03081


まぁこんな光景もなんかほっとするからまっ、いっかー(笑)

そう言えばペコはよく雪を食べていたっけなぁ。

ぽちはちょこっとだけ食べるけど、あんまり食べ過ぎると下痢Pになるよん。

2012年1月16日 (月)

南極大陸?

Dsc03125


午前中に近場の雪捨て場に行って来ました。

ブルトーザーで雪を寄せているのでまるで南極大陸風な画像になりましたぁ。

 

Dsc03119_2


晴れていたので寒くても気持ち良かった。

ぽちも楽しそうに走ってましたよん。

 

Dsc03114


 

Dsc03131

雲の動きが早いせいか画像の色彩がちょくちょく変化しています。

画像では分からないけどそれだけ風が強いんだわ。

大して長い間いたわけではないけど顔と手が痛くなったので退散の巻。

 

そうそう今朝何気にチャンネルを変えたら「フランダースの犬」の最終回でした。

それも残り5分でしたので本当にラストシーンだけを見た。

ワンと女の子が天使に運ばれて虹の彼方に行くシーンは何だか

犬の「虹の橋」を連想させて思わずうるっとした私です。

ペコちゃんゲット♪

Dsc031431


いや~まぁ、今年は積雪が半端でないですわ。

隣の岩見沢市では観測史上最高を記録とか。

それから比べたらまぁ幾分ましだけど雪かきはもういい。

でも、これからが本番だから先が思いやれる。

 

ほんでもって本題。

セブンイレブンで今ペコちゃんのお菓子くじを実施していて、ペコがいなくなった私としては

複雑な心境でその売り場を覗いていたけどやっぱり買ってしまった。

で、一回目で座椅子をゲット!(きっとペコが見守っていたんだぁ)

気分良くした私は調子に乗ってその後もちょい買い足ししましたぁ。

画像左から、座椅子 後ろがトートバッグ 手前と右後ろがクリアファイル (3枚一組)

後ろの真ん中がトランプと湯のみ 以上でしたぁ(笑)

本当は弁当箱が欲しかったりしますが(^^ゞ

2012年1月10日 (火)

ありがとう、そしてさようなら。

Dsc08688


我が家のエルとアニーの最初の子供達の一頭であるさくらちゃんが、

去る1月2日の夜に病気の為に亡くなった、11才と7ヶ月でした。

 

さくらちゃんは元気にディスクやアジリティの大会にもよく参加していました。

子供達が巣立った後、いつも皆んな元気にしているかなぁと心配性の私は

元気に大会に参加していた姿を見ると安心したものです。

そう言えばエルパパや胴体犬のクマ君、あ~たん達と岩手県安比高原での

JFAの大会にも遠征したのは懐かしい想い出の一つです。

 

想い出は沢山あるけど何より実家である私達としては、最後まで大切に育ててくれた、

飼い主さんに感謝です、ありがとうございました。

きっと今頃は虹の橋でエルパパ、アニーママ達と一緒に遊んでいる事でしょう。

 

さようなら、さくらちゃん。

画像は2004年9月26日 DDGP洞爺大会でのスナップ。

2012年1月 4日 (水)

2012年始動。

Dscf1772


世の中とっくに2012年始動していますが我が家は本日からです。

いつものごとく寝正月でしたが・・・・・・と言いたいけど仕事もあり忙しい正月でした。

それでも一番の楽しみである箱根駅伝を堪能出来たのはありがたかった。

毎回たくさんのドラマが生まれているけど、今回の東洋大学の頑張りは凄かったよね。

まぁ我が家の此れまでのドッグスポーツ歴にも沢山のドラマがあるわけだけどね。

その中で一番はやっぱりJFAの岡山大会に参加した事かなぁ。

並み居る強豪の中でエルが3位入賞だったけどうれしかったな~。

 

Dscf1766


で、今は出窓の高さまで積もった雪の上でぬいぐるみで遊ぶぽち。

これはこれで平和な一コマだったりします。

 

我が家をひいきににしてくれている皆様本年もよろしくお願い致します。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30